キシリトール100% キシリラブチョコレートXYLI-LOVE

通常価格 ¥972

税込

毎日がんばっている歯に キシリトール100%チョコレート キシリラブチョコレート

毎日歯磨きをするように、キシリトールを摂取する習慣をつけましょう。

歯磨きの後や寝る前に食べても虫歯の原因となる酸をつくらないため、歯磨きが苦手なお子様のご褒美としても役立ちます。

キシリラブチョコは砂糖不使用・キシリトール100%のため、虫歯の原因である酸や歯垢をつくりだすミュータンス菌のエサとなりません。

キシリトールはミュータンス菌のエサとならないため、虫歯の原因である酸やプラークが生成されにくくなります。

チョコは時間をかけてよく舐めることで唾液の分泌が促進されます。唾液の分泌により歯の再石灰化が行われ、歯の修復を促します。

キシリトールを継続的に摂取することにより、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の活動が弱まりプラーク量が減少します。

さらに、プラークがさらさらの状態になり、歯の表面からはがれやすくなります。日頃からキシリトールを摂取することで、ブラッシング効果も高まります。

口腔内は摂取する食べ物や飲み物で常に環境が変化しています。食後の口腔内は食事の際に摂取する糖分をミュータンス菌が分解し、酸を生成します。

すると、口腔内は酸性に傾き、ミュータンス菌がより活発化しやすい状態に陥ります。キシリトールは口腔内を酸性にせず、中性の状態を保つことができる糖分です。

キシリトール100%のチョコなので就寝前やブラッシング後のおやつに!本物のチョコレートのように甘く、お子様だけでなく大人の方のおやつにもオススメです。

歯磨きが苦手なお子様に「歯磨きを頑張ったあとのご褒美」としてあげると、歯磨き習慣の定着にも役立ちます。

ブラッシング後のデザートだけでなく、食間のおやつとして食べるとより効果的に虫歯を予防することができます。

 キシリトールの豆知識

キシリトールは虫歯予防効果が認められた、安心できる甘味料です。

アメリカ・カナダをはじめ世界38カ国で医薬品用途で認可されており、FAO(国連食糧農業機関)からも「1日にどれだけ摂取してもよい」食品として扱われています。

また、日本でも厚生労働省から食品添加物として認可されています。

※摂取しすぎるとお腹がゆるくなる場合があります。

 

 お口の専門店オススメの摂取方法

多くの量を一度に摂取するより、回数を分けて摂取することを推奨しております。また、就寝前に摂取することで口腔内を酸性の状態に保つことを防ぎ、翌朝の口腔内の粘つきの原因であるプラークの生成を防ぐことができます。

召し上がり方

一回1~3粒を目安に1日 1~3回程度お召し上がりください。

※幼児(2~4歳)は1回につき1粒程度

 

キシリトール100%グミはこちら

普段のお口のケアに。キシリトール100%ガムはこちら(ボトルタイプ)

持ち運びにちょうどいいサイズのガムはこちら

矯正中の方や、義歯を使用されている方は歯にくっつかないタブレットタイプのキシリチュウがオススメです


※2018年8月17日より、商品名・パッケージがリニューアルいたしました。商品の中身に変更はございません。

甘味料としてキシリトールを100%使用したチョコレート。
1週間ほど摂取すると口腔内のベトつきがなくなり、歯がツルツルしてきます。
これは虫歯菌が減少した証拠です。
※個人差があり、効果・効能を保証するものではありません。

名称 チョコレート
原材料名 キシリトール、ココアバター、全粉乳、 カカオマス、植物油脂(パーム油、シア油)、 ラクチトール、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量 24粒(約72g)
保存方法 26℃以下の涼しい場所で保存してください
摂取方法 ゆっくりなめながらお召し上がりください。歯磨き後、寝る前に摂取すると効果的です。
冷蔵庫保存の際は、取り出してから3~5分してから摂取してください。
1回の摂取の目安 幼児(2歳以上)は1粒程度、
小児(5歳以上)は1粒から3粒程度
1日摂取の目安 1回から3回程度
アレルギー物質
(27品目中)
乳・大豆
ご注意 乳と大豆のアレルギーの方は摂取を控えてください
※一度に多量に食べると体質によりおなかがゆるくなる場合がありますが、一時的なものですから心配ございません。
※チョコレートが溶けて表面が白くなることがありますが品質上大きな問題はありません。
製造元 株式会社ヘルスケア21
メーカー 株式会社 P&A
広告文責 株式会社 P&A TEL:072-367-7063 (お口の専門店)