キシリトールで始める赤ちゃんの虫歯予防

キシリトールで始める赤ちゃんの虫歯予防

 

妊娠期から始められる、マイナス1歳からの虫歯予防方法があることをご存知でしょうか?

お母さんが日常的にキシリトール100%のガムやタブレットを摂取することで、お腹の中にいる赤ちゃんの虫歯予防につながるとされています。

今回は 「キシリトールで始める赤ちゃんの虫歯予防」 についてお話していきます。

 

赤ちゃんの虫歯菌の感染経路って?

 

 乳幼児が虫歯菌(ミュータンス菌)に感染する原因は、虫歯がある家族が使った食器などに付着した唾液を介して感染するとされています。

また、その感染経路はお母さんからの伝播が約6割と半数以上を占めているといわれています。

このことから赤ちゃんのむし歯予防のためには、 お母さんの口腔内環境を整えること も予防の1つとなることがわかります。

 

妊娠期から始められるキシリトール習慣

 

キシリトールとはむし歯予防効果が実証されている天然甘味料で、白樺や樫の木・トウモロコシから取れる糖アルコールの一種。妊娠期にも安心して摂取することができます。

キシリトールの4つの効果により、摂取を続けることで お母さんの虫歯リスクを減らし、母子感染を予防する効果 が期待できます。

■キシリトールによる4つの効果



※詳細はキシリチュウ商品ページへ。

 

キシリトール習慣をキシリチュウで始めよう

 

キシリチュウタブレットは甘味料としてキシリトール100%配合のタブレット。

遺伝子組み換え原料不使用のため、お母さんと生まれてくる赤ちゃんの体にもやさしい 健康に配慮した口腔ケア食品となっています。

■こんなときにもオススメ


妊娠期はつわりの影響で、歯磨きが難しい方もいます。
どうしても歯磨きが難しい場合は、お水で軽くお口をゆすいでからキシリチュウタブレットをじっくり舐めてみましょう。
キシリチュウの清涼感でお口の中がすっきりします。

※キシリトールは摂取しすぎると一時的にお腹がゆるくなることがあります。一日5g(10粒)以内を目安にお召し上がりください。

 

これから生まれてくる赤ちゃんのためにできること

 

まずはお母さん自身の口腔ケアから始めてください。

お母さんの健康のための予防が赤ちゃんにとって最初にできることです。

歯磨きに加えてキシリトール習慣を日常生活に取り入れることで、より虫歯予防効果を高めることができます。

お口の専門店が提案するキシリチュウはキシリトール100%、遺伝子組み換え原料不使用と、お口と体の健康にやさしい成分だけを使用しています。

この機会にぜひお試しください。

★キシリチュウはタブレットのほか、ガムも展開しています。
キシリチュウタブレットをはじめ、その他キシリトールの口腔ケア食品は下記より詳細をチェックできます。
ブログに戻る