おすすめ商品を追加しました👀



コンクールF 100ml

通常価格 ¥1,150

税込

殺菌作用に優れたグルコン酸クロルヘキシジン(CHX)配合の洗口液

歯周病の原因菌を殺菌する作用をもつCHX配合の洗口液。大人気ロングセラー、コンクールFの魅力をご紹介します。

コンクールFの特徴

高い殺菌力が長時間持続

 

グルコン酸クロルヘキシジン(CHX)が歯周病のもとになる細菌を強力に殺菌。
また、有効成分が歯や粘膜に吸着することで効果が長時間持続します。

細菌の付着抑制

 
歯の表面・粘膜に殺菌成分が吸着し、細菌の付着を防止します。

爽やか・低刺激で毎日続けられる

 
口当たりが優しく、後味もすっきりなマイルドミント味。洗口液にありがちな強い刺激がなく、濃度もお好みで調節できるので毎日の洗口習慣を身につけることができます。

濃縮タイプで経済的!

 

一回あたりの使用量はわずか数滴!
一本で 毎日3回使用した場合、約6ヶ月ほどお使いいただけます。

 使い方は簡単! 

①コップに25~50mlの水を入れます。
②コップにコンクールFを5~10滴垂らします。
③お口の中に含み、数回すすぎます。

 

洗口液はなぜ必要?

①歯だけでなく、歯肉や舌・頬の内側など粘膜表面にも細菌は付着しています。
歯周病や口臭を予防するために、洗口液を使って舌や粘膜のケアも習慣づけましょう。

②歯ブラシの行き届きにくいところにも薬用成分を届かせるため。

咬合面や歯間部など、歯ブラシでは行き届きにくいところにも薬用成分を届けることで、より効果的に虫歯や歯周病・口臭など予防することができます。

ワンポイントアドバイス

朝と夜に使用する

就寝中は唾液の量が低下するため、それに伴い唾液による洗浄作用も低下し、口腔内細菌が繁殖しやすい環境になります。

コンクールFはCHXによる強力な殺菌効果があるため、就寝前と起床時の口腔ケアの使用がオススメです。

 使用後はすすがずそのまま 
コンクールFの殺菌効果を長時間続かせるために、使用後は水ですすがずそのままにしておきましょう。

 

もちろん歯磨きは丁寧に

洗口液自体に歯垢除去効果はありません。あくまで口腔ケアの補助として使用します。
また、コンクールFの薬用成分を隅々まで行き届けるためには、使用前の丁寧な歯磨きも大切です。

歯ブラシの他にもフロスなどの清掃補助用具を使って、丁寧な口腔ケアを意識するようにしましょう。

おすすめ歯ブラシ
艶白ツイン
ラウンド毛と超先細毛の二段植毛で、歯間部や歯頚部などの細かい部分も丁寧に磨きます。

ルシェロP-20

先端がワンタフトのような形状なので、最後臼歯遠心面までしっかり届く二段植毛歯ブラシ。

 

介護時の口腔ケアに

介護時など、うがいができない方の口腔ケアのときの使用にもオススメです。

ケア時に除去した汚れや歯垢をコンクールFを数滴垂らしたコップの中ですすぎながら使用すると、うがいができない場合でもスッキリすることができます。

またコンクールに含まれるCHXやグリチルリチン酸モノアンモニウムにより、細菌を抑制し、歯周病予防をする効果も期待できます。

介護時にオススメのケア用品
艶白ペングリップ

超コンパクトヘッドで操作性に優れた超先細毛の歯ブラシ。繊細な磨き心地で、デリケートな口腔内でも優しく磨くことができます。

ルシェロフロッサー

歯ブラシ感覚て手軽に使える、ハンドル付きフロス。

 

歯科衛生士おすすめポイント

安心のロングセラー商品!人気の秘密はCHXにありました!

殺菌効果が高いCHXは虫歯・歯周病の原因菌の細胞膜にアタック!
就寝前に使用すると、唾液量が減少する就寝中も口腔内を殺菌するため、寝起きの口腔内もスッキリします。

他社製品でCHXが配合された希釈タイプの洗口液は「バトラーCHX洗口液」が有名ですが、コンクールFとのサイズ感を比べてみましょう。

コンクールF 高さ:約10.5cm 幅:約3.5cm 横:6.4cm
CHX洗口液   高さ:約16.5cm 幅:約4.5cm 横:7.0cm

コンクールFは持ち運びにも便利な手のひらサイズなので、外出先やオフィスでも軽く洗口できることも人気の理由の一つです。

バトラーCHX洗口液はコンクールFよりも少し大きめのため、およそ500回ほど使えます。
バトラーCHX洗口液はこちらから

また、艶白シリーズでおなじみのCPC・IPMPのダブル殺菌効果が配合、さらに抗菌作用のヒノキチオールが入った艶白ペリオウォッシュもオススメです。

 使用状の注意として 

薬物過敏症やアレルギーなどの既往歴がある方は十分注意が必要です。

もし過敏症(不快感・口腔内異常・喘息・便意・耳鳴り・発汗など)があらわれた場合は、ただちに使用を中止し、適切な処置を行ってください。

また、長期間使用することにより、歯や舌の着色や味覚障害が見られることがあります。歯科医院にて定期的なクリーニングを受けるようにしましょう。