商品情報にスキップ
1 1

株式会社GC

MIペースト

MIペースト

通常価格 ¥1,620
通常価格 セール価格 ¥1,620
セール 売り切れ
税込み。

口腔ケアの新しいコンセプト、
CPP-ACP(リカルデント)のミネラルパック

MIペースト、歯のミネラルパック、虫歯予防、歯周病予防、口臭予防、ホワイトニング、知覚過敏、歯根露出、再石灰化、初期虫歯、初期う蝕、歯のホワイトニング

MIペーストは牛乳由来のCPP-ACPを使用した全く新しいコンセプトの口腔ケア用品。
日常の口腔ケアに取り入れることで、より効果的な虫歯予防につながるMIペーストの魅力をご紹介します。

CPP-ACPとは?

CPP-ACP(リカルデント)は、メルボン大学のレイノルズ教授らのグループによって開発された、 牛乳由来のタンパク質『CPP』で、歯の再石灰化に有効な『ACP』を包み込んだもの。

MIペーストはCPP-ACPを使用した フッ素とは違う角度から虫歯を予防する口腔ケア用品です。

MIペーストの特徴

歯にミネラルを補給するCPP-ACP配合

歯の主成分『ハイドロキシアパタイト結晶』はミネラル(リン・カルシウム)で構成されています。MIペーストは、 唾液と比較してもはるかに豊富なミネラルが含まれています。

 POINT 
食事をすると口腔内のPhが酸性に傾き、歯からミネラルが溶け出す『脱灰』の状態になります。
時間が経つと唾液の作用により、口腔内のPhは中性に戻りミネラルが歯に補給されます。これを『再石灰化』と呼びます。


CPP-ACPにはこの再石灰化に大事なミネラルが豊富に含まれているため、MIペーストを口腔ケアに使用することで、 より高い再石灰化効果を得ることができ、 虫歯予防に効果的なことがわかります。

 

口腔内環境の中和作用と緩衝作用

MIペーストは、細菌が産生する酸によって酸性に傾いた口腔内を中性に戻す中和作用と、酸性になりにくい状態を維持する緩衝作用があります。

歯の脱灰から再石灰化にもっていくためには、 唾液による「緩衝作用」と「中和作用」が大事。

MIペーストを使用することで、虫歯になりにくい口腔内環境に必須の「唾液の力」を高めることができます。

 

種類豊富なフレーバー

 MIペースト定番には、ストロベリー・メロン・ヨーグルト・バニラ・ミントの5種類のラインナップ。予防を続けるための飽きのこないフレーバーです。

さらに季節によっては期間限定のフレーバーがでることも。

気になる使い方

 使い方STEP ①フッ素入の歯磨剤で通常通り歯磨き
②少量のお水で軽く洗口
③MIペーストを歯ブラシ全体につけて歯面に刷り込むように歯磨き。
④浸透させるため、30分はゆすがずそのまま!

 
MIペーストの効果を歯に浸透させるため、基本的には塗布後はゆすがずそのままが望ましいです。

気になる場合は唾液を吐き出すか、30分後に軽くお水でゆすぐようにしましょう。

こんな人におすすめ!

初期虫歯・白濁が気になる人

 初期虫歯とは、エナメル質が脱灰して白っぽく濁った状態のこと。白濁・COとも呼ばれます。
これが進行すると虫歯はどんどん深くなっていきます。

初期虫歯の段階ではフッ素ジェルやMIペーストを毎日使い続けることで、元の透明感のあるエナメル質に戻せる可能性もあります。


虫歯になりやすい人

 虫歯になりやすい人の口腔内環境は「酸性に傾きやすいこと」が一つの要因です。

MIペーストは唾液よりも口腔内環境を中和する効果が高いので、酸性に傾いた口腔内を中性に戻す作用があります。

 

歯列矯正中の人に

 とくにブラケット矯正中の人にもおすすめです。

ブラケットを歯に固定するとき「酸処理」といって歯の表面を塑像にして接着しやすくする工程があるのですが、この 「酸処理」した箇所は脱灰した状態になるため、上手にケアできていないと虫歯になりやすい傾向にあります。

そのため、ブラケット周囲はより丁寧なケアが必要になります。MIペーストを毎日使って、歯にミネラルを補給してあげましょう。

 

ホワイトニング後のホワイトスポットに

 歯は部分によって構造にムラがあるため、ホワイトニングをした後に効果がでやすい箇所とそうでない箇所で差があります。

ホワイトニング後で箇所によるムラがあることからできる白い斑点を「ホワイトスポット」といいます。

後天性でホワイトニングなどが要因で引き起こされたホワイトスポットは、一時的に歯からミネラルが減少することで出現するので、MIペーストを使用すると短期間で元の透明感のある状態に戻せる場合があります。

 POINT 
先天性のエナメル質形成不全や歯の質によるホワイトスポットは、効果がでにくいことがあります。

 

知覚過敏症状の人に

MIペーストにより歯にミネラルを補給することで、歯質の強化とともに知覚過敏症状の緩和につながることがあります。

 

ワンポイントアドバイス

フッ素配合歯磨剤と併用する

先にフッ素配合歯磨剤を使って歯磨きをしてからMIペーストを塗布することで、歯にフッ素を閉じ込めてより効果的に歯質を強化することができます。

おすすめのフッ素配合歯磨剤
艶白トータルケア

1450ppmの高濃度フッ素配合の歯磨きジェル。
5つの薬用成分配合により、効果的にお口のトラブルを予防します。

システマ SP-Tジェル

高濃度フッ素配合+歯周病を防ぐ為の4つの薬用成分配合

 

マウスピースと併用

歯科医院で作成したマウスピース(ホワイトニング用・くいしばり予防用など)を持っている方は、就寝前にマウスピース内にMIペーストを塗布してそのまま装着して就寝する使い方もおすすめです。

使用後はマウスピース内面を洗浄して、乾かすこともお忘れなく。

毎日使い続けること

歯質の強化は1日にしてならず。MIペーストは毎日使い続けることで徐々にその効果を発揮することができます。

歯磨きしてからMIペーストを塗布、一連の流れを習慣づけるようにしましょう。

牛乳アレルギーの人は注意

MIペーストの主成分CPP-ACPは牛乳由来成分のため、アレルギーのある方 は使用をお控えください。

歯科衛生士おすすめポイント

虫歯予防といえば、フッ素とMIペースト。再石灰化効果は抜群!

MIペーストの使い方でいまいちイメージがつきにくい人は 『お顔に使うフェイスパック』 をイメージしてください。

フェイスパックも先にお肌を整えてから美容成分たっぷりのパックで効果を高めますよね。

MIペーストはこれを歯に置き換えたもの。フッ素をMIペーストで歯に閉じ込めることで、より効果的に歯質を強化することができます。

就寝中はとくに唾液の量が減るため、 就寝前にMIペーストを使用することで唾液に代わりに口腔内を虫歯になりにくい環境に整備してくれます。

この機会にぜひお試しください。

 

詳細を表示する