商品情報にスキップ
1 1

株式会社オーラルケア

フロアフロス Start Up(スタートアップ) 40m

フロアフロス Start Up(スタートアップ) 40m

通常価格 ¥1,027
通常価格 セール価格 ¥1,027
セール 売り切れ
税込み。

デンタルフロス初心者に最適
色付き繊維で汚れが見えやすいフロス

フロアフロス、スタートアップ、デンタルフロス、フロス、歯間ケア、歯間、口腔ケア、虫歯予防、歯周病予防、口臭予防、予防歯科、歯科専売品、口腔ケア、虫歯、歯周病、歯肉炎、歯肉の炎症、口臭、口腔ケア、歯科専売品、オーラルケア、オーラルケア用品

 

フロス初心者の方でもしっかりプラークを除去できるように 『フロアフロス』の384本の繊維とマイクロファイバー272本の繊維 をより合わせたスタートアップ。

フロアフロスや他のフロスとの違いと一緒に、特徴をご紹介します。

スタートアップの特徴

マイクロファイバーが細かい汚れまで絡め取る

眼鏡拭きなどに使われる「マイクロファイバー」は、細かいチリを取り込む性質があります。
スタートアップは、このマイクロファイバーと「フロアフロス」の広がる繊維をより合わせてできており、 プラーク除去率の高い繊維が歯肉溝の中のプラークを残さず絡め取ります。

緑色の繊維で汚れが見えやすい

汚れが見えやすいように繊維を緑の色付きに。
出血も汚れも一目瞭然!初めてデンタルフロスを使う方が「フロスの効果」を実感することができます。

 

 POINT 
画像のようにケースが透明なので、残りのフロスの量も確認しながら使うことができるのも嬉しいポイントです。

 

初心者でも歯間に通しやすいワックス量

ワックスは多すぎると広がりにくく、少なすぎると歯間に挿入しづらくなります。
デンタルフロス初心者が奥歯でも上手に通すことができる絶妙なワックス量です。

 

 歯肉縁下に入れても痛くない!
656本の繊維数なので、 歯肉縁下に入れても痛くない繊細な柔らかさ。 他のデンタルフロスで痛い思いをして苦手意識のある方にもおすすめです。

 

こんな人におすすめ

歯肉に軽度の炎症がある方

歯肉に軽度の炎症がある場合は、歯肉縁下(歯周ポケット内)のプラークコントロールができていない可能性があります。

スタートアップは炎症のある歯肉にも優しく入り込んで、炎症の原因の一つのプラークをしっかりキャッチして取り除きます。

 POINT 
炎症のある歯肉の場合、フロスを通すと出血することがありますが、とくに痛みや傷がない場合はそのまま使い続けても問題ありません。



歯肉からケア時に出血する原因としては、ポケット内に汚れが溜まって炎症が起こっている可能性が考えられます。

かかりつけの歯科医院にてご相談の上、ホームケアとして毎日フロスを通す習慣を身につけましょう。

 

 ごっそり取れる感を味わいたい方

スタートアップは緑の色付き繊維のため、キャッチした汚れを目視することができます。フロスを通してごっそり取れる感を味わいたい方におすすめです。

市販のフロスでは物足りない方

656本の繊維数で、市販の一般的なフロスよりも繊維数が多くなっています。
その分、フロスの太さも他のものより太くなっていますが、ワックスで軽くまとめられているので、よほど狭い歯間でない限りはスムーズに挿入することができます。

市販のフロスや細いフロスでは満足できない方にもおすすめのフロスです。

フロスの使用方法

①フロスを中指に巻きつけて使用する

フロスを40~50cm切り取り中指に巻き付けます。人差し指と親指でフロスをつまみます。つまんだ間隔は3cm程度です。

 

②リスク部位(奥歯)から始める

最初にするのは奥歯と奥歯の間。歯の側面にフロスを沿わせながら、歯肉の中1~2mmまでフロスを挿入します。

③一箇所ずつキレイなフロスを入れる

一箇所お掃除したところはごっそり取れた細菌が付着しています。
汚れたところは巻取り、キレイなところを取り出して次の場所をお掃除するようにしましょう。

 

 POINT 
使い終わったフロスをちょっと観察してみましょう。
「汚れがしっかり絡みついている」「なんだかフロスがニオう…」これがきちんとお掃除できた証拠です。

 

ワンポイントアドバイス

歯磨きする前にフロスを

よく「フロスをするタイミング」について聞かれることがありますが、これについては正解はありません。
ただ、歯間隣接面に虫歯ができやすい方や、毎日のフロスをつい忘れてしまいがちな方には 「歯磨きをする前にフロス」 をおすすめします。

★「今日はフロスしなくていいや」を防ぐ

歯磨剤をつかって歯磨きをすると、口腔内がスッキリするので綺麗になった気がしてその後のフロスが疎かになりがちです。
フロスを先にしても歯を磨かないとスッキリしないので、そのあと必ず歯磨きをしますよね。
「フロスをしてから歯磨き」この順番での口腔ケアを習慣づけることで、毎のフロス習慣も自然に身につくはずです。

 

ロールタイプのフロスが苦手な方に

フロスを指に巻いて使うことが苦手な方でも、おすすめ商品の【サンスター フロスメイトハンドル】を使えば、スタートアップも簡単にお使いいただくことができます。

\フロス初心者におすすめ/
BUTLER フロスメイトハンドル

どんなフロスでも簡単にホルダー付きフロスに変身。
指に巻いて使うのが苦手な方におすすめです。

 

毎日のフロス習慣が身についたら…

よりしっかり歯間隣接面の予防効果を高めたい方は、歯磨剤を使って歯磨きをしたあと、ゆすぐ前にフロスを通してみましょう。

歯ブラシと同じ感覚で歯磨剤とフロスを併用することで、直接歯間隣接面まで歯磨剤の薬用成分を届けることができます。

フロスは歯の隅角面もしっかり沿わせるように意識してくださいね。

 POINT 
研磨剤配合のものやペーストの粒子が粗い歯磨剤と併用すると、歯周ポケット内に粒子が残り、歯肉の炎症につながることもあります。
この使い方をするときは、研磨剤無配合の歯磨剤など、歯や歯肉に優しい歯磨剤を使うようにしましょう。

 

\研磨剤・発泡剤無配合の歯磨きジェル/
艶白トータルケア

5つの薬用効果で虫歯・歯周病から歯を守る。
フロスとの併用で歯間隣接面もすっきり。

\歯間隣接面までツルツルに/
アパガードリナメル ホームケアペースト

薬用ハイドロキシアパタイトの効果ではの修復・再石灰化・再結晶化を促進。

 

磨き残し40%はフロスとワンタフトでカバー!

歯ブラシだけでは全体の60%しか磨くことができませんが、磨き残しの40%をフロスのみでカバーしきるのも困難です。

そこで登場するのが【ワンタフトブラシ】
フロスでは清掃できない歯頚部や咬合面などはワンタフトブラシを使って清掃するようにしましょう。

\王道のラウンド毛ワンタフトブラシ/
艶白ワンタフト


ラウンド毛のワンタフトブラシで細かい部分をピンポイントで磨く!

\歯肉に炎症のある方にはテーパー毛がおすすめ/
艶白レプトン


筆のように柔らかいテーパー毛ワンタフト。
親知らずやインプラント周囲などデリケートな部分も優しく磨く。

 

歯科衛生士おすすめポイント

あの人気のフロアフロスシリーズの中でも、フロス初心者におすすめのスタートアップ。
フロスは「繊維数が多いと歯間に入りにくそう…」と思う方も多いのですが、ワックスで軽くまとめられていれば問題なくスムーズに挿入することもできます。

反対に繊維数が少なく細すぎるフロスは、歯間隣接面のプラークをしっかり除去しきれなかったり、勢い余って歯肉を傷つけてしまうこともあります。

スタートアップは初心者の方にも、フロスの扱いに慣れている方にもおすすめできるフロスです。この機会にぜひお試しください。

 

詳細を表示する